【 2012年11月 】




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

<<前の月

次の月>>

2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月

ギミックスのサイトへ  

バックステージのサイトへ


QLOOKアクセス解析




愛媛県松山市のマジシャンヒガーと   
マジックバーバックステージの     
最新情報です。   (BY:ホフマン)





最近、少しドタバタしておりまして、更新が遅れる場合がございます。
最新情報はツイッターにてお知らせする場合がございます。


想像が緊張を招く。 2012年11月18日(

 本日は第15回バックステージのマジック講座にご参加いただきましてありがとうございます。今回は忘新年会向けのゴージャスなマジックが多く、初心者の方には少し難易度が高かったかもしれませんが、しっかり練習して緊張せず演じれば、きっと大盛況になるでしょう。
 と言ったものの、緊張せずにマジックを演じることは簡単なことではありません。手順を追っていくだけのマジックでも多少の緊張はあるでしょうし、技術を伴うマジックならなおさらでしょう。何かを隠し持った手が「お客さんにバレているんじゃないか・・・」そう想像するだけで、演者の緊張はお客さんにも伝わり、お客さんも緊張を強いられるマジックを見ることになってしまいます。



 例えば私(ヒガー)もマジック講座になると失敗は許されないため、普段の何倍もの緊張を強いられます。それは「講師が失敗するようなマジックを私たち(生徒)ができるわけがないと思われる。」と想像するからです。そこで私はマジック仲間に「ねぇねぇ、これ新しいマジックだからちょっと見てよ。あとで解説もするからさ!」という想像でマジックを演じることにしています。
 皆さんも練習中に緊張することはないと思います。本番で緊張するのは皆さんが緊張する具体的な想像をしてしまっているからです。想像が緊張を招くのなら、違う想像をしてみてください。その本番も練習です。別に失敗したって構いませんし、どのみち本番で練習以上の演技ができることはありません。まだまだマジックを見せる機会もあるでしょうから、また次回、本当の本番があると想像しながらマジックを演じてみてください。


マジック講座第15弾のお知らせ。 2012年11月3日(

 こんにちは、マジックバーバックステージです。肌寒い季節になりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?さて、恒例のバックステージのマジック講座第15弾を開催します。今回はもちろん『忘新年会スペシャル』です。今回の内容は、

●紙がお札に変化
●ペンがお札を貫通
●メンタリズム
●シルクトゥエッグ



です。お札を使ったマジック2種類、10個の単語の中から相手が選んだ単語を当てるメンタルマジック、そしてハンカチが本物のタマゴになるマジックなど、盛り上がること請け合いのマジックばかりです。

日 時:11月18日(
)18時〜20時
場 所:マジックバー バックステージ
    松山市二番町2-3-6 第3松ビル2F
参加費:4,000円
(講習費・材料費・ワンドリンク込)

■ご予約・お問い合わせは電話またはメールにて。ご予約は代表者のお名前と
 参加人数をお知らせください。


<<前の月
 
次の月>>


 
 
 
 
Copyright (C) GIMMICKS JAPAN ACT & CREATE TEAM / Magic Bar Backstage. All Rights Reserved.